院長紹介


院長   諏訪 晃久

Akihisa Suwa
(日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種)

【コメント】 

すわ動物病院、院長の諏訪晃久といいます。 常に心がけていることは、飼い主様、そしてそのペットの立場になって考えることです。 獣医師の意見を押し付けるのではなく、ご家族の皆様と一緒になって治療していくことが大事だと思います。 そのためにどういったことが考えられ、どういった治療を選べば良いかをしっかりと説明し、 その中でひとつひとつのご家族にあった方法を見つけていくことが大切であると思っています。
一方で「正確な診断なくして的確な治療はない」という恩師の言葉を常に心に持ち、 そのために必要な知識、技術を生涯にわたり、学んでいきたいと思っております。 学会発表や学術論文の執筆を積極的に行い、獣医療の発展に少しでも寄与できるよう努力してまいります。 獣医師が偉いのではなく、あくまでもご家族の何かしらの支えの一つとなれればと思っています。 どんなことでも気軽に話せる、そして信頼できる、そのような動物病院づくりを目指します。

【略歴】
出身地:福岡県福津市
2003年 福岡県立福岡高等学校 卒業
2010年 山口大学農学部獣医学科 卒業
2010年 福岡市内動物病院 勤務
2015年 岡山県 山陽動物医療センター 勤務
2019年 すわ動物病院 開院

【資格】
2010年 獣医師免許 取得
2014年 日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種 取得

【所属学会】
日本獣医師会
日本獣医がん学会
動物臨床医学会

【論文執筆】
形質細胞性腫瘍と高悪性度B細胞性リンパ腫の徴候を呈した犬の1例
諏訪 晃久, 安川 邦美, 小路 祐樹, 羽迫 広人, 片山 龍三, 西森 大洋, 森本 寛之, 下田 哲也 動物臨床医学 2016年25巻3号p.101-104

Intestinal gastrointestinal stromal tumor in a cat.
Suwa A, Shimoda T. J Vet Med Sci. 2017 Mar 23;79(3):562-566.

Concurrent with T-zone lymphoma and high-grade gastrointestinal cytotoxic T-cell lymphoma in a dog.
Suwa A, Shimoda T. J Vet Med Sci. 2017 Apr 8;79(4):736-739.

Lymphoma-associated hemophagocytic syndrome in six dogs.
Suwa A, Shimoda T. J Vet Med Sci. 2018 Aug 22;80(8):1271-1276.

【雑誌掲載】
VETERINAY ONCOLOGY 23 Vol.6 No.3 2019
  多発性骨髄腫 p.38-43
  アルキル化剤:シクロホスファミド,クロラムブシル,メルファラン p.106-113

スタッフ紹介

飼い主様とその大切な家族であるペットを支えるお手伝いをするスタッフを紹介します。
皆様の家族のような存在になれるよう、すわ動物病院スタッフ一同、がんばります。

動物看護師
岡田 菜美
NAMI OKADA
これまでの経験を活かし、ペットや飼い主様のお役に立てるよう、日々精進して参ります。自身も文鳥という小鳥の飼い主です。
小柄な見た目ですが、フルパワーで頑張ります!
嵐の大ファンです!!
よろしくお願いいたします。
資格
・愛玩動物飼養管理士二級
・動物看護師統一認定機構認定動物看護師
動物看護師
鈴木 友美
Tomomi Suzuki
2019年春より、小さい頃からの夢であった動物看護師になりました。動物にも飼い主様にも寄り添えるような看護師を目指しています。
実家ではミニチュアダックスフンドを飼っています!
お家の子での気になることや、相談、最近の出来事など何でも気軽にお話しください!
まだまだ未熟者ですがよろしくお願いします。
資格
・動物看護師統一認定機構 認定動物看護師
 
PAGE TOP